風俗デザインプロジェクト-広告代理店の制作紹介

デリヘル風俗広告,シティヘブン,サイト制作

FDPおすすめフリーフォント特集

デザインで悩んだときのフォントサイトをまとめてみました。

前回は素材サイトを特集しましたが今回はフォントを特集したいと思います。
デザインする上で欠かせない文字をどう見せるかというのはデザイナーにとって腕の見せ所でもあります。
ナイトレジャーでは特にそれぞれのお店に特色があるので、いろいろなフォントが必要になってきますよね・・・。

そんなときに便利なのがこのフリーフォントの特集です!

 

かつてはフォントをレタリング(文字自体を手書きで作ってデザイン)していた時代もありますが、

文明の利器によって今はたくさんのフリーフォントがあります!
ただし、フォントをダウンロードしたものの「そう言われてみれば、このフォントぜんぜん使ってないかも・・・」なんてことはありませんか?
今回は比較的使用しやすく、頻出性の高いフォントをいくつかピックアップしてご紹介させていただきます。

FONT FREE


今回はこちらのフリーフォントサイト様からピックアップしてご紹介させていただきます。
デザイナーの間でも有名で、よく弊社でも利用させていただいくサイトです。
各フォントに関しての特徴やコメントがわかりやすく、どのフォントを元に製作しているか、ライセンスなどに関しても説明書きされています。

※今回は商用フリーのフォントをピックアップしてご紹介していますが、ライセンスは各フォントにより異なりますので各ダウンロードサイトにてご確認ください。

 

ぼくたちのゴシック2レギュラー

ゴシックフリーフォント

“2”なのでもちろん“1”もあります。
ぼくたちのゴシック自体は認知度も高く、名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
丸みを帯びたゴシックがかわいい雰囲気のサイトのバナーのデザインなどにぴったり!
かわいい中でも個人的には柔らかさが強いので、どちらかというとパステル調のカラーのデザインにフィットすると思います。
丸みが2のほうが強いので、もう少しゴシックの硬い雰囲気がほしいという方はぜひ“1”のほうもダウンロードしてみてください。
ボールドの太いバージョンのフォントもフリーでこちらのサイトに紹介されています。

ニコモジ+(プラス)

ニコニコフリーフォント

ニコモジの名の通り、「ニコニコ動画」のフォントです。
こちらもたくさんバリエーションがありバージョンアップした最新のものがニコモジ+です。
なんとひらがなまでカバーしてくれる優れたフォントで、フォント自体のデザイン性が高いのでポップなデザインにはぴったりです。
個人的によく利用してるフォントでもあります。ビビットな配色や、アニメ調のデザインには特にマッチしやすいと思います。

Rounded Mgen+

漢字フリーフォント

こちらのフォントのすばらしい点はなんといっても漢字のバリエーションの多さです。
日本語のフォントが英字に比べ少ないのは、使われている文字の多さがひとつ大きな要因なんですが、

本当に多くの漢字をカバーしてくれています。
その数なんと14000文字以上!
この漢字はそもそもなんて読むのだろう?なんて漢字まであるのです。
ポップな書体でさらにフリーフォントでここまでの数があるのはこのフォントくらいでしょうか・・・
さらにこのフォントの特徴としてthin~blackまで7種類とかなり細いものから太いものまでの種類があります。
thinの細さは本当に細いので印刷物に色によっては写らないかもしれません。ご注意を。

はんなり明朝

明朝フリーフォント

高級感とやわらかい曲線が特徴のはんなり明朝です。
高級なデザインはもちろんマッチしますが、明朝体のフリーフォントの中でもいろいろな場面で使えるタイプのフォントです。
友人のデザイナーは一番よく使うフリーフォントとしてこのフォントをあげました。
そのくらい汎用性の高いフォントです。

XANO明朝

高級感明朝

はんなり明朝よりももう少しクラシカルな印象です。
全体に万年筆や細い筆で書いたような自然な“留め”や“ハネ”が特徴で、ほかの明朝体よりも高級感色が強いです。

余談ですが、このXANO明朝を私は「くさのみんちょう」と呼んでいましたが、ダウンロードサイトにFAQがあり、

 

「XANO明朝」ってどう読めばいいのでしょうか?
―判りません。たぶん、「かくちょうあのみんちょう」とか、「えくすあのみんちょう」とか、そんな感じです。

 

という回答が記載されています。
フリーフォントの名前もなかなか興味深いですね。

あじふでフォント

筆文字フリーフォント

読んで字の如く、筆文字のフォントです。
ナイトレジャー広告で筆文字というのは案外デザインで映えるので使われることが多いです。
こういった筆文字のフォントにさらに手を加えて、ということも少なくありません。
墨のフォントらしくかすれや滲みがあり、本当に味のあるフォントです。

なかなかフォント選びというのは難しいですが、その分フォントひとつで全体のデザインがまったく変わってしまうということもあります。
使ったことのないフォントを使ってみたら案外デザインにマッチしたり、絶対に合うと思っていたのに実際に使ってみたらまったく合わなかったり・・・・
そんな深いフォントの世界ですがデザインには欠かせない要素のひとつです。
ぜひぜひ素敵なフォントを探して一味違ったデザインを!